パンケーキから見る地域の魅力 > 幸せの瞬間

パンケーキから見る地域の魅力

幸せの瞬間

人が幸せを感じる瞬間にはどのような場面があるでしょうか。そもそも「幸せ」とはなんなのでしょう。幸せというひどく曖昧で漠然としたテーマは、人が成長する過程で必ず一度は考えているはずのものです。誰もが幸せになりたいと思っているでしょう。しかし今自分が幸せかと聞かれたとき、とても幸せだと迷わず即答できる人は少ないのではないでしょうか。幸せというものがなんであるのかが第一に分かっていない以上、幸せかと聞かれて幸せであると答えるのはとても難しいことなのです。しかし、そのように言葉で表すにはあまりにも難しい幸せというものに、多くの人は知らず知らずのうちに至る所で触れています。

例えば大切な家族や恋人と一緒にいるとき、自然と浮かべている表情が穏やかな笑顔になっている人は多いでしょう。また、欲しいものが手に入ったりかねてよりの念願が叶ったりしたとき、拳を握りしめてやったと叫び声をあげる人も少なくないはずです。これらは全て、一種の幸せのカタチだと言えます。大金持ちでなくても、類稀な才能に恵まれている訳でなくとも、誰の下にも平等に幸せは訪れます。美味しいものを食べている時、人は自然と「幸せ」と口にしているかもしれません。それは言葉通り、幸せの瞬間を味わっているのでしょう。美味しいものを食べた時に幸せだと感じられるのであれば、その人の心は間違いなく豊かさで満たされているのです。

どんなに小さなものでも、幸せは覆せないその人の財産です。食べ物で感じられる幸せあれば、甘いものを口にしたときに幸運を感じる人も沢山いるでしょう。甘いものは昔から人々に幸せをもたらしました。砂糖がとても高級な物で庶民にはなかなか手に入らなかった時代、甘いお菓子は正しく幸せの象徴だったのでしょう。今でこそ砂糖は誰でも安価で手に入れることの出来る材料ですが、その砂糖を使ったスイーツをどのように作るかによって幸せのバロメーターも激しく上下していきます。

多くの人がカフェなどのお店のパンケーキを好むのは、その完成度が高ければ高い程満足度も高くなることを知っているからです。お店で出てくるパンケーキは、シンプルな物から豪勢な物まで、そのすべてがキラキラと輝いて見えるでしょう。幸せの象徴を口にするのであれば、できる限り見栄えの良い物を選びたいというのが人の本音です。美しいものを見ただけでも人は幸せを感じられます。美しいものを見て、舌に乗せれば甘みを感じ、穏やかな空間で味わえる最高の幸せは極上のスイーツと共に体の隅々まで行き渡るでしょう。幸せのきっかけは、案外近くにあるものなのです。